Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://six001.blog116.fc2.com/tb.php/1-8715395d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

高屋敷家へようこそ

高屋敷家へようこそ

アフイリエイトなるものに興味を持ちブログ作ったものの
さっぱりわからんwww
つーわけで、まったり運営しようかと^-^

さて、今週末は ついに!  うみねこのく頃に(以後、うみねこ と略)の発売です!
リンクしようかとおもったら アマゾンじゃ売ってなかった けらけら

さて、うみねこ とは07expansionから発売される同人ゲームですw
この会社は ひぐらしのなく頃に って同人ゲームで大ブレイクした会社で 今回の うみねこは第2弾になります。


まずはPV紹介します^^

PV1
http://www.youtube.com/watch?v=Jg-Dhb-I9Cc

PV2
http://www.youtube.com/watch?v=qC9t8rW8AaU&mode=related&search=


俺は推理してみせるぜえええええええええええええ
魔女よ かかってきやがれえええ

main.jpg



以下はストーリーになります

伊豆諸島、六軒島。
全長10kmにも及ぶこの島が、観光パンフに載ることはない。
なぜなら、大富豪の右代宮家が領有する私的な島だからである。

年に一度の親族会議のため、親族たちは島を目指していた。

議題は、余命あと僅かと宣告されている当主、金蔵の財産分割問題。

天気予報が台風の接近を伝えずとも、島には確実に暗雲が迫っていた…。

六軒島大量殺人事件(1986年10月4日~5日)

速度の遅い台風によって、島に足止めされたのは18人。

電話も無線も故障し、隔絶された島に閉じ込められた。

彼らを襲う血も凍る連続殺人、大量殺人、猟奇の殺人。

台風が去れば船が来るだろう。警察も来てくれる。

船着場を賑わせていたうみねこたちも帰ってくる。



そうさ、警察が来れば全てを解決してくれる。

俺たちが何もしなくとも、うみねこのなく頃に、全て。







うみねこのく頃に、ひとりでも生き残っていればね…?

貴方に期待するのは犯人探しでも推理でもない。

貴方が“私”をいつ信じてくれるのか。

ただそれだけ。

推理がしたければすればいい。

答えがあると信じて求め続けるがいい。


貴方が“魔女”を信じられるまで続く、これは永遠の拷問。


『うみねこのく頃に』の世界へようこそ
1986年10月4日の六軒島へようこそ

貴方は、右代宮家が年に一度開く親族会議を垣間見ることができます。

莫大な資産を溜め込んだ老当主はもはや余命も僅か。

息子兄弟たちにとって、親族会議最大の争点はその遺産の分配についてでした。

誰もが大金を欲しており、誰もが譲らない。誰も信じない。

老当主の莫大な遺産を得るのは誰か。

老当主が隠し持つという黄金10tの在り処はどこか。

その在り処を示すという不気味な碑文の謎は解けるのか。


そんな最中、魔女を名乗る人物から届く怪しげな手紙。

18人しかいないはずの島に漂い始める19人目の気配。

繰り返される残酷な殺人と、現場に残される不可解な謎。

何人死ぬのか。何人生き残るのか。それとも全員死ぬのか。

犯人は18人の中にいるのか、いないのか。

そして犯人は「人」なのか、「魔女」なのか。


どうか、古き良き時代の孤島洋館ミステリーサスペンスのガジェットを

存分にお楽しみください。

『うみねこのく頃に』の推理は、可能か不可能か。

本作品は、ジャンル的には連続殺人ミステリーになるかもしれません。

しかし、だからといって推理が可能であることを保証するものではありません。

“解けるようにできている”甘口パズルをお好みの方はどうぞお引取りを。

『うみねこのく頃に』は、皆さんに“解かせる気が毛頭ない”最悪な物語です。

しかし、だからこそ挑みたくなる最悪な皆さんは、初めましてようこそ。

私も、そんな最悪な皆さんを“屈服させたくて”この物語をお届けします。

皆さんは、どんな不思議な出来事が起こっても、全て“人間とトリック”で説明し、
一切の神秘を否定する、最悪な人間至上主義者共です。

どうぞ、六軒島で起こる不可解な事件の数々を、存分に“人間とトリック”で説明してください。

皆さんが、どこまで人間至上主義を貫けるのか、それを試したいのです。

犯人は魔女。アリバイもトリックも全ては魔法。

こんなのミステリーじゃなくてファンタジー!

あなたが悔し涙をぼろぼろ零しながら、そう言って降参するところが見たいのです。

私が期待するのは、正解に至る推理が現れることじゃない。

一体何人が最後まで、魔女の存在を否定して、“犯人人間説”を維持できるのか。

つまりこれは、魔女と人間の戦いの物語なのです。

連続殺人幻想『うみねこのく頃に』

選択肢でなく、あなた自身が真相を探るサウンドノベル。

推理は可能か、不可能か。

魔女に屈するか、立ち向かうか。

楽しみ方はあなた次第。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://six001.blog116.fc2.com/tb.php/1-8715395d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

スポンサードリンク

アクセス

アクセスランキング

関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

FC2カウンター

free counters

Lc.ツリーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。